自然派化粧品 炭の露

ご注文はこちらから(ティーライフオンラインショップへ)

角質ケア「ふきとり美容」で、肌本来のうるおいを取り戻す!

文字サイズ

[初めての方へ]炭の露化粧品誕生秘話 ~お客様の声から誕生した炭の露~

炭の露はじめて物語

2000年

ゆうきのせい(優肌の精)

ゆうきのせい(優肌の精)

最初の「ゆうきのせい(優肌の精)」は、木酢液のみで作られ、ガラス容器に入っていました。

2002年

炭の露クリアアップローション

炭の露クリアアップローション

記念すべき最初の「炭の露化粧品」がこれ。〝ふきとり美容〟は初期からのコンセプトなのです。

炭の露 保湿用ジェル
炭の露 保湿用クリーム
炭の露 クリア石けん

炭の露 保湿用ジェル、炭の露 保湿用クリーム、炭の露 クリア石けん

クリアアップローションの次に発売したジェル、クリーム、石けん。こちらも発売直後から大好評でした。

2006年

新・ゆうきのせい
(新・優肌の精)

新・ゆうきのせい(新・優肌の精)

竹酢液をブレンドし、リニューアルした「新・ゆうきのせい(新・優肌の精)」。容量もアップし、プラスチックボトルになりました。

2007年

炭の露クリアアップローション

炭の露クリアアップローション

デザインをスタイリッシュに一新。しっとり・さっぱりの2タイプから選べるようになりました。

2010年

ゆうきのせい

ゆうきのせい

より多くの方に親しみをもってもらえるよう、ひらがな表記になりました。

2012年

炭の露 薬用 クリアアップローション

炭の露 薬用 クリアアップローション

肌トラブルの予防を目的に「薬用」の成分を追加してよりパワーアップしました。

健康茶や自然食品を扱うティーライフの「炭の露化粧品」は、2002年に商品化されました。
その商品化には、当時販売していた高純度木酢液「ゆうきのせい(優肌の精)」と切っても切れない縁があります。

ティーライフでは高純度木酢液「ゆうきのせい(優肌の精)」を入浴剤として販売していましたが、ある時ひとりのお客様から
「私は「ゆうきのせい(優肌の精)」をグリセリンと混ぜて化粧水として使っています。」
というお便りをいただきました。
なるほどと思い、早速、その作り方をカタログでご紹介したところ、
「それよりティーライフでオリジナルの化粧水を作ってほしい!」と多くの反響をいただきました。
それもかなりの数です。
この思いもよらぬ反響がきっかけとなってティーライフで化粧品を開発することになったのです。

私たちはまず木酢液を使った化粧品を開発しようと考えました。
ところが、木酢液を使った化粧品の前例はほとんどなく、開発は難航しました。
「化粧品はいろんな成分とまぜて調合します。人の肌に直接ふれるものなので細心の注意を払う必要がある。」
というのがその理由です。
やはりティーライフオリジナルの化粧品開発は無理か…
そうあきらめかけたときです。
木酢液とほとんど変わらない竹酢液なら厚生労働省から化粧品原料として承認を得ていることがわかりました。
そこで竹酢液を軸に商品開発を進めることにしました。

何度も試作を繰り返し、完成を夢見る日々が続きます。
試作品が出来上がるたびに化粧品の専門家からは厳しい評価がくだります。
「内容がいいだけじゃダメ。そんなに甘い業界じゃない!」と。
それでも私たちはティーライフの化粧品を待ち望んでいるお客様がいると信じ、商品を完成させました。

無香料-竹酢液を他の香りでごまかすことはしませんでした。
商品からはしっかり竹酢液の香りがします。
「この商品が良いか悪いかはお客様が判断してくれる!」
そう信じて最初に発売したのは化粧水の「炭の露クリアアップローション」。
「炭の露」の名は、竹酢液が竹炭を作るときにできる雫というところから名づけました。
発売当日から多くのご注文をいただき、今までの開発の苦労の日々を思い出し、喜びもひとしおでした。

しかし、気になるのはお客様の反応です。
私たちに届いたたくさんのお便りには喜びの声があふれていました。
「炭の露が私の肌に奇跡をおこしました!肌がみずみずしくなりました。(函館市)」
「炭の露。そう期待せずに使ってみました。不思議なしっとり感に驚きました。(小郡市)」
これらは当時のお便りの一部です。
そしてクリアアップローションに続き、ジェルとクリームを発売。その後、石けんを発売しました。
もちろん全て竹酢液入りです。
竹酢液の良さを再確認した私たちは「ゆうきのせい(優肌の精)」にも竹酢液をブレンドし、「新・ゆうきのせい(新・優肌の精)」としてリニューアルすることにしました。

2007年4月からリニューアルに着手。成分を見直し、容器をスタイリッシュに一新しました。
また「新・ゆうきのせい(新・優肌の精)」もみなさまに親しみをもってもらいたいという思いからひらがな表記になりました。

竹酢液を配合したトップクラスの化粧品として、これからもティーライフは皆様に愛される商品作りを目指します。

ページトップへ